一重と二重まぶたの割合ってどのくらい?英語では何て言うの?

一重まぶたは世界で見ると非常に珍しいまぶたと言われています。

 

北東アジアを除くほとんどの地域ではほとんどの人たちが二重まぶたらしいのです。

 

では何故日本・中国・北朝鮮・韓国・モンゴルなどの
北東アジアにだけ一重の人たちが多くいるのでしょうか?

 

 

日本人の一重と二重の割合

日本人の一重と二重の割合とは?

 

日本人は男女関係なく

一重まぶたの人が約70%

二重まぶたの人が約30%と

半分以上の日本人は一重です。

 

世界で見ると一重まぶたの方が少なく、
ヨーロッパをはじめとする白人やアフリカ系の方はほとんどの方が
二重まぶたで、一重まぶたの方はほとんどいません。

 

一重まぶたの方のほとんどは中国・韓国・日本・モンゴルなどの北東アジアに集中しています。

 

一重の割合

 

私たちのご先祖様ははるか昔、
シベリアで氷河期をむかえ、
寒さに適応するために一重に進化したと言われています。

 

その一重まぶたに進化したご先祖様たちが、
暖かい土地を求めて日本や北東アジアに移り住みました。
弥生人と言われる人たちです。

 

もともと日本にいた縄文人たちはほとんど二重だったと言われています。
日本人は縄文人と弥生人の混血なので
一重まぶたの人と二重まぶたの人の割合が7:3なのですね。

 

 

 

外国人に人気なアーモンドアイ

海外に行くと日本人はモテるって知っていますか?
日本のほとんどの男性は若い女性を好みます。
しかし外国人はというと若さや年齢関係なく恋愛を楽しみます。

 

幼稚園児からシルバー世代までとても広い世代で恋愛のチャンスが多いのです。
日本ではおばさんだからと相手にされなくても
海外ではちゃんと女性として扱ってくれるって
海外に行った沢山の女性の方は海外でのモテ体験をしているみたいです。

 

とくに日本人女性の一重は『アーモンドアイ』と言われる
目頭と目尻がキュっと締まった目をしている方が多く、
外国人の方はそこにミステリアスな魅力を感じているそうです。

 

一重と二重って英語では何ていうの?

 

一重まぶた
single-edged eyelid

 

二重まぶた
double-edged eyelid

 

日本などの北東アジアと違いアメリカやヨーロッパの方は
一重まぶたや二重まぶたといった事にあまり興味がありません。
海外では普段の会話で使うことはほとんどないそうです。

 

 

トップページ⇒二重ラインをくっきりクセ付け!

 


 
TOPへ